Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アカデミー賞受賞式2017 

ジムから帰ってテレビをつけると、ちょうどWowowで「アカデミー賞授賞式」を中継していた。
今年の授賞式は、かなり大統領を意識していた。

そして、最後の最後で大失態が!!!

オオトリの作品賞のプレゼンテーターとして登場したのは、
かつてのボニーとクライドこと、フェイ・ダナウェイとウォーレン・ビィティの二人。
fayedunawaybonyclyde.jpg 
フェイ、綺麗すぎるんですけど・・・!!!

だた、、、、往年の大スターもさすがにお年寄り感が・・・
fayedunawayan72.jpg 

アカデミー賞は、司会者もプレゼンテーターさえも、その封筒を開封するまで結果がわからないのだが、封筒を開けたウォーレンが、「あれ?」という顔をする。
待ちきれずフェイが「作品賞は、ラ・ラ・ランド!」と発表して、喜びに沸く「ラ・ラ・ランド」チーム。
監督、プロデューサーが感謝の言葉を述べ終わったところで、ステージ上が騒然となった。

oscars2017.jpg 

実は、、、
作品賞は「ムーンライト」だった。。。

会場も中継をみていた視聴者も「ウォーレン、やらかしちゃった!?」と思っただろうが、これはスタッフのミス。
ウォーレンに渡された封筒は、その一つ前の主演女優賞受賞者が書かれている封筒で、「ラ・ラ・ランド エマ・ストーン」と書かれていたために戸惑っていたのだった。どうしたものかとフェイに見せたら、彼女が発表しちゃったというわけ。
主演女優賞のプレゼンテーターのディカプリオから回収したものを、スタッフがそのままウォーレンに手渡してしまっていたらしい。
その時の絵面は、まるでダ・ヴィンチの最後の晩餐さながら。。。。

ここですかさずトランプから嫌味のツィートのひとつも来れば、
「全部、トランプが悪い!」ということで片付いたのに(*゚ェ゚*)



それはさておき、恒例のファション・チェック!
まずは、今年の主役といっても過言ではないエマ・ストーン
emmastone_givency.png 
写真映えはイマイチだけど、豪華な刺繍とレースで、
動くとフリンジが揺れてきらめく素敵なドレス。
ジバンシィのものらしいです。
大振りのピアスもドレスにぴったりだった。
相変わらず原色の人もいたけれど、今年はこういう中間色でレースと刺繍が多かったなぁ・・・


ニコール・キッドマンも中間色
nicolekidman_Armani.png 
着る人を選ぶアルマーニ。


原色派のレスリー・マン
大人しめの色味が多かったので目立ってた!
LeslieMannZac Posen 
鮮やかで豪華なタフタのドレスは、
プロジェクト・ランウェイの審査員もしているザック・ポーゼンのドレスだそう。


安定のヴァレンチノ・レッドのドレスは、
「エージェント・シールド」などでもおなじみのルース・ネッガ
ruthnegga_valentino1.png 



「Empire 成功の代償」のクッキー・ライオン役などをしているタラジ・P・ヘンソン
TarajiP_Henson.png 
ヘアスタイルからジュエリー、サンダルまでトータルでカッコイイ!
ファッションは、奇をてらわないのが一番というお手本かも。
一見、黒にみえるけど実は濃紺のベルベットで、アルベルタ・フェレッティらしいです。


ブラック・ドレスで素敵だったのは、
一昨年、主演女優賞を受賞したブリー・ラーソン
brielarson OscardelaRenta 
中継ではほとんど上半身しか映らなかったけど、裾が特徴。
ウェディングドレスでも有名なオスカー・デ・ラ・レンタ。

関連記事

category: 行ってきた&旅行その他

thread: 映画関連ネタ - janre: 映画

2017/02/28 Tue. 10:34 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/738-4b9d18d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

RSSリンクの表示

リンク