Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

有馬温泉&京都の旅 〜その1 

友人たちと有馬と京都に行ってきた!
有馬温泉は、首都圏でいう箱根的な存在。
OI000233_1.jpg 

日本最古の温泉といわれる有馬のお湯は「金泉」と呼ばれ、
鉄分を多く含む茶褐色をしている。
OI000226_1.jpg 


宿泊したのは友人の手配による有馬離宮
エクシブの離宮シリーズ中最も豪華といわれる有馬に一度は泊まってみたかった。
(今は湯河原???)

今回は6人グループのBBA旅。
私は一番若いかわい子ちゃんと同じお部屋。
もちろん、夕食後の部屋飲み会場はここに決定(笑)
OI000086_1.jpg 
ローソンで柿ピーやらチーズ鱈なんかも仕込み済み。
この人たちがまた飲むんだ・・・


夕食は和食を予約してもらっている。でも、その前に軽く有馬散策。
新幹線の中で「しゅうまい弁当」を食べたので、歩いて少しお腹を空かせなければ!

箱根と違い、有馬は小さいので歩いても余裕で見て回れる。
あいにくの雨だったけど、それもまた風情があって良し。


ということで、若い(比較の問題で)チームはぶらぶらと坂を下って出発。
駅近くの「ねね橋」
OI000370_1.jpg 

OI000096.jpg 


「金泉」が楽しめる日帰り温泉施設、「金の湯」
OI000138_1.jpg 


有馬にはもうひとつ、「銀泉」と呼ばれる無色透明なお湯が湧いている。
「金泉」とともに楽しみたいのがこの「銀の湯」
平日にもかかわらず、関西弁のおばちゃんたちで賑わっていた。

金の湯、銀の湯の2館利用で850円!!!
そりゃ、関西に住んでるおばちゃんは来ちゃうわ・・・
毎週とか来ちゃうわ・・・

箱根に1000円以下の日帰り温泉施設ってあったっけ???
横浜のスカイスパなんか温泉でもなんでもないのに、2,000円以上する。
OI000112_1.jpg 



OI000111_1.jpg 


極楽寺
OI000117_1.jpg 

行基像
OI000375_1.jpg 
有馬は日本最古の温泉で、舒明天皇・孝徳天皇の時代からその名を知られてはいたけれども、
徐々に衰退していったという。それを再興したのが、行基さんらしい。

OI000380.jpg 


OI000230.jpg 

OI000366_1.jpg 


面白顔の狛犬ちゃんwith つつじ
OI000229_1.jpg 


散策後は宿のお風呂。
有馬離宮は施設もヨーロッパ風で豪華でお食事も美味しいけど、残念ながら源泉はなし。
掛け流しではないけれど、お湯は1日11往復してお湯を運んでいる。

高台にあるので、露天風呂からのビューは最高だった。
桜の時期とか綺麗だろうなぁ・・・

ところでいつも思うんだけど、エクシブのお風呂はなぜか洗い場のブースに鏡がない。
なぜなんだろう???


お待ちかねの夕食タイム!
OI000381_1.jpg 

美人でおしゃれな皆さまは、カジュアルからディナー用にお着替え。
つか、銀座ディナーかよ?ってくらいキラキラり〜んしてるんですが。


一応、ワンピ持ってきておいてよかった(汗)
OI000383.jpg 


夕食の開始時間は5時!!!
夜は長いので(笑)、ここでは控えめにソービニョン・ブランを1本だけ。
ニュージー産のソーヴィニヨン・ブランの香り最高
OI000392-COLLAGE.jpg 

牛タンと銀餡の変わり蒸し寿司
OI000429.jpg 


お肉〜!お肉〜!
関西といえば、うっし〜〜〜!
すき焼き的な味付けの「わらび鍋」
OI000433.jpg 

with おんたま
OI000435.jpg 


〆はさっぱりと紀州梅のお素麺をチョイス。
稲庭との中間きらいの太めのお素麺。
OI000439_1.jpg 


デザートは嶺岡プリン、大吟醸のアイス、キウイのすり流しに麩まんじゅう
OI000451.jpg 
だけど、大吟醸のアイスとメロンのみ、いただいた(#^.^#)
お酒のアイス、超うま〜〜〜


そして、そして、この後は、、、、
部屋に戻ってリラックスウェアに着替え、部屋飲みタ〜〜〜イム!!!
OI000134_1.jpg 
お部屋からの夜の眺めはプチ・ベラッジオだった!

これ、必需品!

続く・・・
関連記事

category: 雑談その他

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

2017/05/13 Sat. 20:38 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/758-53e7143b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top