Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

有馬温泉&京都の旅 〜その3 

洛北の八瀬は、京都駅から半時間くらいの静かなところ。

八瀬離宮は温泉を自分のところで掘っているので、源泉掛け流しのお風呂が楽しめる。
眺望は有馬のほうがよかったけど、こちらのほうがお湯はよかった。
つるつる〜


お部屋からは新緑に彩られた叡山電鉄の線路が見える。
田舎なので電車の本数は少ない。
OI000241.jpg 


八瀬駅
OI000038_1.jpg 
このすぐ裏手は比叡山
ケーブルカーの乗り場がある。


叡山電鉄沿いの高野川
OI000247_1.jpg 


テクテク歩いて行くと小さな美術館発見!
OI0002572.jpg 
「若冲」の特別展示をやっていた。


OI000263_1.jpg 
入ろうかな?と思ったけれども、拝観料は2,000円とお高め。
高っか!!!

もし家族4人だと、はっせんえんですよ!
はっせんえん・・・
とはいえ、滅多に来る機会もないのでかなり迷ったけど、閉門の時間が迫っていたので断念。
またの機会に…


マイナスイオンをたっぷり浴びたし、ホテルに戻ろう。
OI000264.jpg 

私たちが周囲を散策している間、マダム陣はお風呂へ行き、またもやディナー用にお支度中。
お待たせしてはいけないと急いで戻ったけど、お支度に時間がかかるので余裕(笑)


夕食はまた和食を予約。
お食事をするところは、一旦外に出て、橋を渡ったところにある離れで、
ここでは個室が用意されていた。
OI000266.jpg 

OI000269.jpg 

OI000272.jpg 

器もおしゃれ
OI000273_1.jpg 


ノンアルコールのベルギー産スパークリングを注ぎ、しゅわしゅわ〜〜
こんなジュンサイの食べ方はじめて。
これがジュンサイと炭酸がマッチしていて美味しかった!
OI000282.jpg 

お椀は若狭のぐじ
OI000283_1.jpg 

お造り
OI000284.jpg 

このお皿の上にくるのは・・・
OI000287_1.jpg 


ほうばに包まれたお肉〜〜〜!
と蕗の豆ご飯
OI000289_1.jpg 


賀茂茄子のオランダ煮
OI000292_1.jpg 
オランダ煮とは、食材を油で揚げたもしくは炒めた後、醤油、みりん、 日本酒、出汁などを合わせて作る煮汁にトウガラシを加えて煮た料理のこと。

家庭でも夏場によく作られるけど、冷やしても美味しい。
とはいえ、わたしのは茄子を素揚げして希釈しためんつゆに漬けるだけ(笑)
冷やして大根おろしで頂くのが定番。
もちろんプロのお味とは別物で、お茄子やお出汁自体からして違うけど、
たまにはお上品に白だしでやってみてもいいかな。


市販の白だしはヤマキの「割烹白だし 」が一番おいしい!
 



美山豆乳と東寺鍋
OI000293_1.jpg 


御食事は鱧源平寿司と水ナス、赤出汁
鱧が紅白になってるの、わかります???
OI000306_1.jpg 
白焼きのほうには梅肉がのっかってるのよん。


リースリングを1本飲んだので、ここまででお腹いっぱい。
大変申し訳ないけど、デザートはわたしはパス(笑)


お風呂に入って部屋飲み開始。無色透明のいいお湯だった。

ちょっと客室からスパまでの動線が長いけど、わたしは有馬より八瀬のほうが好き!
年末から、箱根、有馬、八瀬とエクシブ離宮シリーズに3つ宿泊したけど、八瀬が一番だった。
箱根は近いし悪くないんだけど、ルームウェアでスパに行けないのがちょっと難かな。
有馬も八瀬もフロントを通らずスパに行ける作りだが、箱根はメなのだ。


朝(というかお昼?)は、さすがによろよろ(笑)
こういう時、レイトチェックアウトさせてもらえるのはありがたい。
いや〜〜〜贅沢させていただきました。感謝、感謝!

爆笑続きの楽しい旅に、新幹線の中でかんぱ〜〜い!
1494632717399.jpg 
誰だ?日本酒飲んでるのは(笑)
楽しい旅でした!!!

笑いすぎて腹筋痛いけど、めちゃくちゃ食べて飲んだので、
しばらくは節制しなければ〜〜〜

ナダルが全仏優勝するまで、もう飲まない!

関連記事

category: 行ってきた&旅行その他

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

2017/05/15 Mon. 07:43 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/760-ec8eb437
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top