Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

生涯投資家 / 村上世彰 

あの村上ファンドの村上世彰氏の半生記。
最近でも東芝株で元村上ファンド出身者の方のファンド、エフィッシモ・キャピタル・マネージメントが筆頭株主になり話題となった。
二部落ちした今はさすがに手放したのかな???

何にせよ、投資家村上世彰の名は今でも十分バリューがある。その本人の本となれば、読まないわけにはいかない。

ところで、村上氏といえば、「モノ言う株主」だが、あの逮捕劇も忘れることができない。正直、当時私には彼はどういう容疑をかけられたのかを知らなかった。マスコミは大騒ぎしたが、その犯罪性について説明することはなかったと思う。
本書にはそれも含め現在に至るまでの村上氏の激動の半生が綴られている。

この手の経済事件はグレーゾーンなことが多い。
つまり、解釈次第で白にも黒にもなる。

彼が立件されたのは、ホリエモンが村上氏に言った「ニッポン放送の株を5%以上買いたいと思っている」という言葉が「インサイダー」に該当するということだったらしい。
これは内部情報ではなかったし、当時のライブドアの資産状況からしても実現性は低く、単純に彼の夢や願望だったという。
だが、誰かが大量に株を買えばその株の価格に影響を及ぼすのだから、そうした情報もインサイダーに該当するとされたという。

一審の裁判官からは、「ファンドなのだから安ければ買うし、高ければ売るのは当たり前というが、このような徹底した利益至上主義には慄然とせざるを得ない」とも言われたそうだ。

冷静に聞けばめちゃくちゃな論理だが、当時世間は「村上叩き一色」で、彼は「悪役」にぴったりはまっていた。そして、昨今の裁判は強く世論に左右される。
振り返ってみるならば、ご本人のいう通り、犯罪性云々というより「出る杭は叩く」的意味合いが強かった感は否めない。

前半は少し綺麗事すぎかなぁという気がしなくもない。良い人感を演出しすぎというか(笑)
あれほど切れるのに、実は不器用な人なのだろうなぁとも思う。その意味では、本書と今まで私個人が彼に抱いていたイメージに違いはない。

彼が終始こだわっているのは「コーポレート・ガバナンス」の浸透と徹底である。これが日本語に訳すと内部統制という意味でよく持ちいられる気がするが、村上氏のいっているのは、「上場のルール、上場企業のあるべき姿」というニュアンスだろうか。
上場の目的は、資金集めとその資金を使っての積極策だと言い切る彼は、内部留保をたんと溜め込んでいること自体に疑問を呈する。設備投資やM&Aのあてもなく内部留保があるのなら、自社株買いで企業価値を高めるなり、配当にするなりして株主還元すべきだというわけだ。
全く同じ論理で日本人が預金を溜め込むことも、経済に悪影響を与えているという。資金は人間の身体でいえば、血液なのだから、循環させてなんぼだというのだ。
日本一の借金会社として知られるソフトバンクがなぜ事業拡大を続けているかという例も挙げて説明しているのだが、非常に説得力がある。ソフトバンクは確かに有利子負債が多い会社だが、その資金を用いて積極投資を行い利子以上に利益を上げているというのだ。
また、上場しているからには誰しもがその株を買うことができる。買われるのが嫌なら上場をやめればいいと言い切る。

しかし、これらがルール中のルールであっても、正論がまかり通らないのが日本社会だ。
先日読んだ「世界の[宗教と戦争]講座」の冒頭で、井沢元彦氏は「日本人には原則がないのが原則です」と述べている。この言葉単体では誤解されがちなので補足すると、そもそも日本人はお互いの「和」を非常に重んじ、自分の組織、村、会社、家庭で波風を立てないことを第一にしてきた。その中では「話し合い」でなんでも決め、その「話し合い」で決まったことは"絶対に正しく"、"外部の規範"などは無視することもあるというのだ。

村上氏は「決まりは決まり」という原理原則タイプなのだろう。彼は投資家であった台湾系の父を持ち、インターナショナルで自由な環境で育ったから、その独特な「和」や「ムラ」社会が理解できなかった、というより「したくなかった」のではないか。しかも彼は官僚として立法そのものに携わってきた。
「決まりは決まり」という彼は正しいのだが、そう杓子定規にいかないのが「日本」で日本の社会だ。
井沢氏の考察によると、イスラム教やキリスト教社会にある「話し合いでも絶対に変えるべきではない原理原則」は、日本には存在せず、それが外部からみるとわかりにくい部分になっているという。

ゆえに、それがスタンダードなのだ、本来あるべき姿だ、と村上氏がどれほど力説しようとも、日本人には受け入れられなかったのかもしれない。勿論、その言動や方法論に賛否はあったにせよ、ホリエモンにも同じことが言えると思う。

件の事件の顛末はもちろんだが、小学生の頃から投資をしていたという生い立ちや、シンガポールで今、何を考え、これから何をしようとしているかについても触れられている。
今が旬の東芝の失敗や、日本株式会社そのものが持つ問題点についての言及も興味深かった。


  

category: ノンフィクション・新書

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

2017/07/03 Mon. 15:00 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

遺伝子は、変えられる。〜あなたの人生を根本から変えるエピジェネティクスの真実 / シャロン・モアレム 

少し前に「言ってはいけない 残酷すぎる真実」という本と、「日本人の9割が知らない遺伝の真実」というのを読んでいたので、まあね…知ってたけどね…と観念していたけれど、、、、
本書のタイトルは、なんと「遺伝子は、変えられる」!!!

しかも、著者は遺伝学者にして希少疾患専門の臨床医だ。従来の薬剤がきかない「スーパー耐性菌」に有効な「シロデリン」という抗生剤の生みの親でも知られている。


これはどういうこと?!と思って読んでみた。

というのも、「言ってはいけない 残酷すぎる真実」に書かれていたのは、科学的根拠に基づいたまさに”言ってはいけない真実”であったし、「日本人の9割が知らない遺伝の真実」は行動遺伝学の見地からそのことを裏付けしたものだったからだ。


で、どうだったかというと、、、


結論として「遺伝子は変えられないが、変えられこともある」
物事には悪い面もあるが、同時に良い面もある、それが本書の率直な感想だった。


「言ってはいけない 残酷すぎる真実」にあるように、いくら努力したからといって、誰もが藤井4段や、イチローやナダルになれるわけではない。
「カエルの子はカエル」…橘玲氏はかなり露悪的に書いているため、嫌悪感を抱いた方も多いと思うが、私個人としてはこれはこれで大いに納得できる本だった。
解釈の仕方によっては優性学的に陥る可能性もあるが、幸福の尺度を下げ逆にその感度を上げる生き方の推奨とも受け取れる。

   

本書の著者もその種のことを否定しているわけではない。
親からハンチントン病の病原遺伝子を受け継げば、現在のところその悲劇的な運命を変えることはできないのは非常に悲しい現実だ。

遺伝学者であり、同時に先天性希少疾患の専門医である彼は、これまで見てきた多くの希少疾患患者の例をあげつつ説明していく。
生まれつき骨折しやすい女の子、全身が骨化してしまう子、「ミレニアム2 火と戯れる女 」に出てきたニーダーマンと同じく痛みを全く感じない"先天性無痛無汗症"の赤ちゃん…etc
これらの症例を通して見えてくるのは、遺伝子の不思議だ。先天性の希少疾病患者と私たちの違いはごくごくわずかな変異の差であり、私たちは誰でも変異したDNAを持っている。

Sharon-Moalem-00.jpg 
ただ、先天的に運命づけらている遺伝子もあるが、その発現には後天的な要因が絡むものもあるという。そのスイッチをオンにするかオフにするかは、環境や食生活といった様々なことがらに起因しているというのだ。
例えば、ほうれん草を食べる人の多くは、発がん性物質がもたらす細胞の突然変異を抑制することが可能になる。簡単にいえば、ほうれん草を食べることで、遺伝子そのもののの発現を変えることができるのだ。
ほうれん草、すごいじゃないの!\(^o^)/
悪い例では、いじめもセロトニンを運搬する遺伝子に悪い意味で影響を与える。いじめは、その時期だけではなく、その人のその後の人生も変えてしまうのだ。いじめに加担することがどれだけ罪深いことか、教育にもいかしていくべきだと思う。

また、ある特定の遺伝子が発現したとしても、その”表現型”には様々なスペクトラムがあるという。その表現型があまりに軽度なために、一般に見過ごされていることも多いのだそうだ。そして、この表現型も変化しうる。
このような変化をエピジェネティックな変化というが、わたしたちがすることは全て遺伝子になんらかの影響を与えるらしい。さらに興味深いことは、この"エピジェネティックな変化"は子孫にも遺伝する

Spinach.jpg 
「遺伝子は、変えられる」というのも、また正しいのだ。
ことはメンデルのソラマメ理論のように単純ではない。白か黒かでは測れないのだ。
親からもらった30億個の文字が連なった「継承物〜inheritance」には柔軟性がある。

今日の遺伝学のトレンドは、遺伝的に受け継いだものが何をするかだけでなく、エピジェネティックな変化を通じて複雑なシステムにどのように影響を与えるのかに移っているという。


今や、個人で遺伝子検査ができるようになったことで、アンジェリーナのように、予め将来罹患する確率の高い病気の予防を講じることができるようになった。
しかし、反面で遺伝子情報をたてに、生命保険の加入を拒否されることもあるし、高額な保険料を課されるなど「差別」にあう可能性もある。結婚も叶わないというケースもでてくるだろう。

なんにせよ、良い面と同時に悪い面もあり、物事は遺伝子同様、多面的で良くも悪くも柔軟性があるのだ。

ああ、嫌だなぁ…と思う事柄があっても、大抵の場合その事柄は変わらない。変えられるのは、自分の受け止め方だけだと誰かが言っていた。
しかし、自分の受け止め方を変えることは、それによって自分の遺伝子も変えられるということでもあるわけで、その種の相乗効果も期待できるということでもある。。。


ところで、今は全仏オープンテニスもいよいよ佳境だ。
なにせナダルの全仏ラ・デシマ(V10)がかかっているので、ほぼ噛り付きでWowowを観ている。
しかし、昨日のジョコビッチの無気力試合ときたら…やっぱりアスリートはお肉を食べたほうがいいんでないの?やる気でないでしょ。
多くの人によい食習慣が全ての人にあてはまるわけではないということも、本書には書いてある。

それはさておき、修造(もう、あんな人に氏などつけない)が聞き捨てならないことを言っていた。
「錦織は天才で、ナダルは努力の人だ」

ナダルが努力家であることは確かだが、努力だけでグランドスラム・タイトルを14回も獲れないでしょうよ…( ノД`)思わず突っ込んしまう(苦笑)
貶めるようなニュアンスも感じられて(毎度のことだが)、ちょっとむかついた。
そうじゃない。正しくは、ナダルは才能も能力もある上で、より高みを目指し日々研鑽しているのだ。ナダルに限らずトップ選手は皆そうだと思う。それにしてもWowの修造解説はもう勘弁。

彼の叔父さんは元スペイン代表。遺伝的にも間違いなく彼はアスリートとして抜きん出ている。
それに、努力し続けることができるのは古今東西、成功者の共通点だ。何かを才能とか天才と呼ぶのならば、この能力以上にふさわしいものはないと思う。
今年の上半期のベストセラー本、「やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける」 に書かれているのもたぶんこのことだ。


で、オチは何かというと、、、
努力し続けることは、エピジェネティックなプラスの変化の連鎖を生むのかもしれないなぁと思ったのだった。

全仏ラ・デシマ期待してます!!!

   

category: ポピュラーサイエンス

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

2017/06/08 Thu. 17:42 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

バッタの学者、鳥の学者 

偏った食事は身体によくない。最近、外食も多くて好きなものばかり食べている。それも好きなだけ(笑)季節的なせいもあるが、口内炎が治らない。
それと同じで、偏った読書はアタマによくない。B級ミステリばかりでなく、もう少し有意義な読書もするべきだろう。特に、日常アタマなど使うこともない中年女性にとっては…


ということで、読んでみたのが、これとこれ。
バッタ学者と、鳥類学者のエッセイである。
    


世の中にはいろいろな専門家がいる。
バッタを主に研究する人もいれば、鳥の研究者もいるのだ。
サーヤがご結婚前に山階鳥類研究所にお勤めだったので、鳥の研究者というのは知っていたが、バッタで食べていくのは大変なのではないか…

なとなくそう思っていたら、その通りのようで、「バッタを倒しにアフリカへ 」という本は、著者がいかにバッタ研究者として食べていくのに日夜頑張っているのかという内容だった。もう、表紙からして身体を張っているのがお分かりだろう。
ちなみに著者の名にある「ウルド」というのは、著者がハーフでミドルネームを持っているわけではなく、かの地で恩人から授かった称号"のようなもの"である。

昔はよく「末は博士か、大臣か」と言ったものだが、苦労して博士になっても今は"ポスドク問題"が立ちはだかる。そこで、著者は思い切ってアフリカのモーリタリアという国にフィールドワークに出るのだが、現地での様子がとても面白い。
モーリタリアとはどこぞ?
知っている方はかなりなツウか、物知りか。モロッコの左下の小さなその国は、大方の想像通りあまり都会的ではない。
トイレのことは書いてなかったけど、察するに、例のヤツなのじゃないだろうか…

ただ、バッタ問題は、今後人口爆発で食糧難が予想される未来において、非常に重要な問題である。イナゴの大群が穀物を食べ尽くす様を思い浮かべてほしい。(私は、インデペンス・ディを思い浮かべたけども)
詳細は本に説明を譲るが、バッタとイナゴには「相」の変異にしか違いはないらしい。
もう佃煮にでもして食べちゃえばよくない?(私は遠慮させてもらうけど)とも思うのだが、中には毒を持つ種もいるらしい…何にせよ、簡単にはいかないのだ。

一方、鳥類学者のほうは、その数は少ないものの、バッタの人に比べれば恵まれているのかな?
そもそも両者の年齢が違うので比べられないが、サーヤの例もあるとおり、鳥関係は皇室ともゆかりが深いゆえになんとなく地位が確保されているような気がする。少なくとも鳥の仮装し普及活動をする必要はなさそうだし、バッタに比べればバックアップ体制も整っている。
こちらも島嶼へのフィールドワークを中心としたエッセイなのだが、とにかく文章が読ませる。笑いのセンスが抜群だなのだ。ボキャブラリーもそこいらの小説家よりあるし、鳥類の雑学も身につくこと請け合い。

鳥といえば、にわとり、鴨、七面鳥、ホロホロと「お皿の上に載る鳥」しか思い浮かばなかった(!)が、これからは、春先のウグイスにも着目してみよう。

いずれにせよ、今日びのガクシャさんはマルチにすごい!


  

  

category: ノンフィクション・新書

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

2017/06/01 Thu. 15:14 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

戦争にチャンスを与えよ / エドワード・ルトワック 

GW「デブ活」読書の第三弾。
読書貯金もこれでおしまい(苦笑)

「戦争にチャンスを与えよ」とは、なんとも物騒なタイトルではないか。
不穏な空気が漂う昨今、戦争はいつはじまってもおかしくない。そのせいか、話題の書となっており、アマゾンでもベストセラー1位になっていた。

著者は、安全保障の専門家として各国のアドバイサーをもつとめる「最強の戦略家」だという。本書は、そんな"戦略家ルトワック"の最も有名な論文「戦争にチャンスを与えよ」やその他の講演に関連したインタビュー集だ。「戦争にチャンスを与えよ」という論文そのものも第二章にまるまる掲載されている。

Edward Nicolae Luttwak 

彼の世界観の根幹をなすのは、パラドロシカル・ロジック(逆説的論理)という概念だ。それは、紛争時に働くロジックのことで、戦争が平和につながり(戦争の目的は、平和をもたらすことにある)、平和が戦争につながることがあるということである。戦争は巨悪ではあるが、大きな役割も果たしているのだ。
一見、過激で乱暴な論理に思えるが、彼のいうことには裏付けがある。
「人間は(争わずにはいられない性分を持つ)人間であるがゆえ、平和をもたらすには、戦争による喪失や疲弊が必要となる」のだ。そして、「外部の介入によって、このプロセスを途中で止めてしまえば、平和は決して訪れない」
ユーゴ紛争やボスニア・ヘルツェゴビナの紛争しかり、ルワンダのフツ族とツチ族による争いしかり、イスラエルとパレスチナしかり…。

外部からの介入や戦争の過程で生じる難民を支援することは、一見人道的だが、結果としては悲劇をもたらす。
難民支援はその地に難民を押しとどめ、彼らを”生涯を通じての難民”に変える。そして、その子や孫たちはそこで憎しみを糧に生きるようになる。つまり、戦争を中途半端に止めれば、憎しみの感情が不完全燃焼のままくすぶり続け、難民を安易に支援すれば、彼らは憎しみを糧に武装するようになる

この論理は、「言ってはいけない 残酷すぎる真実」の橘玲氏が好きなリバタリズムに通じるものがある。
アフリカの子供たちが可哀想だからといって支援物資を送ってはいけない。それらは流通過程で奪われ、どうせ子供たちの元には届かない。そして、その元値がタダの品物は、かの地の市場の育成を阻害する。支援は、その国の経済の発展を妨げるのだ。

逆に、戦争は徹底的にやらせたほうが良い結果をもたらすという、その最たる例は今日の日本だ。
特に私たち、戦争を知らない世代は、その上の世代から「絶対に戦争はいけない」と刷り込まれて育った。9条を放棄することはもちろん、改正することなんてあってはならないのはこれまでの常識だった。

そこから180度違う論理に、正直戸惑ってしまう。
しかし、感情論を排して、冷静な目で歴史上の「原因と結果」を見るならば、彼のいうことは正しい。
誰だって平和のほうがいいに決まっている。が、実際問題として現状では、もしも「北」や「あの大国」が攻めてきたら、皆で潔く死にましょう!ということに等しい。そもそも、9条バリアはクレイジーな輩には効きそうにない。安全保障問題は、その実、待ったなしの問題だ。
ルトワック氏は「まぁ、なんとかなるだろう」が一番の悪手だと言っているが、今の日本は「まぁ、なんとかなる」そのものなのである

戦争と出生率の関係などにも触れているが、それもあながち間違いではないと思う。
大抵の場合、現実や真実は残酷にできているものだ。


     

 

category: ノンフィクション・新書

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

2017/05/19 Fri. 12:10 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

美味礼讃 / 海老沢 泰久 

辻調グループの創設者にして、フランス料理研究家の辻静雄の半生を描いたノンフクションノベル。
先日あるフレンチレストランで、友人がシェフとこの本で盛り上がっており、面白そうだったので読んでみた次第。新しい本ではなく、辻静雄氏も著者の海老沢氏もすでに鬼籍に入っている。

辻調グループといえば、なんといっても「料理天国」である。1975年から92年まで続いた超長寿テレビ番組なので、若い方でもご存知かもしれない。
実際には、辻静雄氏はこの番組に出ておられないのだが、私はなぜか勝手にでっぷりしたオジサンだと思い込んでいた。服部栄養専門学校の服部幸應氏や、帝国ホテルの元総料理長だった「ムッシュ村上」とごっちゃになっていたのだ。
ところが、画像検索してみてびっくり!


かっこいいじゃないの!
ああ、これは彼女が好きなやつだわ!と大いに納得(爆)


P7241545_12.jpg 

本を読むことは、それ自体が楽しみであるとともに、効率的に知識を得る手段だ。しかし、実際に体験してみなければわからないことも多くある。「百聞は一見にしかず」というが、自分の目て、聴いて、体験するのは全く違う。食することは、その最たるものだ。



まだ日本に本物のフランス料理を味わった人がいなかった時代、辻静雄はフランスに渡り来る日も来る日も食べ続けた。彼は料理人ではなかったが、まず本物を知らなければという徹底した探究心を持っていたのだ。それが学校成功の礎となった。

三ツ星レストラン「ピラミッド」の女主人、かのポール・ボキューズと、彼の人脈は華々しいが、それもこれも、彼が「食べること」を探求しようとする人間だったからだ。
奇しくも同じタイトルの著書を持つ食通・ブリア=サヴァラン曰く、世の中には食べるということに関して二種類の人間がいるという。ただお腹がすいたから食べるという人間と、味をよく噛みしめ楽しんで食べる人間だ。
静雄氏の人柄もあるだろうが、フランス人はその二種類の人間を厳密に区別することに、非常な熱意を燃やしているという。だからこそフランス料理は世界に冠たる料理となったのだろう。

また、良い料理人というのは日々、進化しているし、何より向上心を持っている。
ファッションや文学と同様に、料理にも流行がある。
求められるものは時代とともに変化するし、それに柔軟に対応できる料理人のみが生き残れる。

P6191293_12.jpg 

学校をいかにして大きくしていったかのプロセスは小説以上に小説らしい。

しかしそれ以上に、共感したのは彼が感じた孤独だった。
彼は私のような者とは違い、十二分に成功を収めたし、誰がみても幸福で満たされていてしかるべきだ。しかし、虚しさに襲われるのだ。妻から「王様が自分は羊飼いじゃないと嘆くようなもの」とまで言われるほど。

ただ、その根源には、最高の料理というものは、結局は限られた人のためのものということがあった。ガストロミーは、豊かになった現代日本でさえ、ごく一部の人のためのものなのだ。辻調理師専門学校では、常に最高品質の材料を使い最高の料理を教えていたが、安くて美味しいラーメン屋のほうがよほど社会に貢献しているのかもしれないという思いが頭を離れなかったという。

だが、彼が自分自身を「受け入れる」ことによって解放されるとこで物語の幕は閉じる。
哲学的ともいえるこのラストの、この安心感…
これこそが、本書を単なる一人の実業家の成功譚でもなければ、単なる料理小説に陥らせない決め手だ。

ああ、自分は「羊飼いのくせに王様ではない」と日々嘆いているが、まず、それを「受け入れ」なければ何もはじまらないのだろうなぁ…



 


 

category: ノンフィクション・新書

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 文庫 
2017/05/18 Thu. 00:34 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top