Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

02« 2017 / 03 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アカデミー賞受賞式2017 

ジムから帰ってテレビをつけると、ちょうどWowowで「アカデミー賞授賞式」を中継していた。
今年の授賞式は、かなり大統領を意識していた。

そして、最後の最後で大失態が!!!

オオトリの作品賞のプレゼンテーターとして登場したのは、
かつてのボニーとクライドこと、フェイ・ダナウェイとウォーレン・ビィティの二人。
fayedunawaybonyclyde.jpg 
フェイ、綺麗すぎるんですけど・・・!!!

だた、、、、往年の大スターもさすがにお年寄り感が・・・
fayedunawayan72.jpg 

アカデミー賞は、司会者もプレゼンテーターさえも、その封筒を開封するまで結果がわからないのだが、封筒を開けたウォーレンが、「あれ?」という顔をする。
待ちきれずフェイが「作品賞は、ラ・ラ・ランド!」と発表して、喜びに沸く「ラ・ラ・ランド」チーム。
監督、プロデューサーが感謝の言葉を述べ終わったところで、ステージ上が騒然となった。

oscars2017.jpg 

実は、、、
作品賞は「ムーンライト」だった。。。

会場も中継をみていた視聴者も「ウォーレン、やらかしちゃった!?」と思っただろうが、これはスタッフのミス。
ウォーレンに渡された封筒は、その一つ前の主演女優賞受賞者が書かれている封筒で、「ラ・ラ・ランド エマ・ストーン」と書かれていたために戸惑っていたのだった。どうしたものかとフェイに見せたら、彼女が発表しちゃったというわけ。
主演女優賞のプレゼンテーターのディカプリオから回収したものを、スタッフがそのままウォーレンに手渡してしまっていたらしい。
その時の絵面は、まるでダ・ヴィンチの最後の晩餐さながら。。。。

ここですかさずトランプから嫌味のツィートのひとつも来れば、
「全部、トランプが悪い!」ということで片付いたのに(*゚ェ゚*)



それはさておき、恒例のファション・チェック!
まずは、今年の主役といっても過言ではないエマ・ストーン
emmastone_givency.png 
写真映えはイマイチだけど、豪華な刺繍とレースで、
動くとフリンジが揺れてきらめく素敵なドレス。
ジバンシィのものらしいです。
大振りのピアスもドレスにぴったりだった。
相変わらず原色の人もいたけれど、今年はこういう中間色でレースと刺繍が多かったなぁ・・・


ニコール・キッドマンも中間色
nicolekidman_Armani.png 
着る人を選ぶアルマーニ。


原色派のレスリー・マン
大人しめの色味が多かったので目立ってた!
LeslieMannZac Posen 
鮮やかで豪華なタフタのドレスは、
プロジェクト・ランウェイの審査員もしているザック・ポーゼンのドレスだそう。


安定のヴァレンチノ・レッドのドレスは、
「エージェント・シールド」などでもおなじみのルース・ネッガ
ruthnegga_valentino1.png 



「Empire 成功の代償」のクッキー・ライオン役などをしているタラジ・P・ヘンソン
TarajiP_Henson.png 
ヘアスタイルからジュエリー、サンダルまでトータルでカッコイイ!
ファッションは、奇をてらわないのが一番というお手本かも。
一見、黒にみえるけど実は濃紺のベルベットで、アルベルタ・フェレッティらしいです。


ブラック・ドレスで素敵だったのは、
一昨年、主演女優賞を受賞したブリー・ラーソン
brielarson OscardelaRenta 
中継ではほとんど上半身しか映らなかったけど、裾が特徴。
ウェディングドレスでも有名なオスカー・デ・ラ・レンタ。

関連記事

category: 雑談その他

thread: 映画関連ネタ - janre: 映画

2017/02/28 Tue. 10:34 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

喧嘩(すてごろ)/ 黒川 博行 

長らく翻訳もののミステリー(広義の)を中心に読んでいるが、最近、その意義を感じなくなってしまった。どれもこれも似通っているし、丁寧に読もうという気すらなくなり、内容が頭に残らない。(残っても意味はないが)
特に北欧系のものには正直辟易。芋料理ばかり食べさせられている気分になる。しかも同じ味付けで。
その時間さえ楽しければそれでいい、という人もいるだろうが、その実、満足感もほとんどない。
我ながら、無駄な読書をしているなぁ・・・と時々虚しくなる。

だからといって、新書や経済本、ノンフィクションの類は頭を使う。知識を得られるという喜びがあるし、刺激にもなるが、もともと頭の性能がよいわけではないので、そればかりだと疲れるのだ。


こういう状態のときに、気分転換させてくれるのが、黒川博行。

日本人作家を一段下にみている”翻訳ものかぶれ”のあなたにこそ、読んでほしい作家。
しかも、翻訳ものに比べると安いし、Kindle化もされているというサービスの良さ。

破門は直木賞を受賞作だ。芥川賞や直木賞受賞作なんて、詰まらないのばっかりやん。というアナタ。私もそう思う(笑)

ただし、「「破門」は別。
「破門」は、今や黒川博行の代表作となった「疫病神」というヘタレ建設コンサルタントの二宮と、イケイケ極道の桑原のコンビが活躍するシリーズものだ。
映画化もされ、現在、公開中だという。横山裕は非モテの二宮にしてはイケメンすぎだし、佐々木蔵之介はやや上品すぎる気もするが。
個人的にはシリーズ中、小作品な「破門」ではなく、「疫病神」「国境」に授与されてしまるべきだったと思うが、いずれにしても黒川博行の作品にははずれがない。シリーズものだが、どれから読んでも楽しむことのできるようになっている。
特に「国境」はシリーズ最高傑作との呼び声が高い。桑原のいうところの「パーマデブ」時代なので、時代は違うが今話題のあの国絡み。特に前半はいかにもまずそうなトウモロコシ麺や痩せた雀がご馳走だという、かの国の事情がしっかり描かれている。

それはさておき、「喧嘩」と書いて「すてごろ」と読ませる。「すてごろ」とは、素手の喧嘩のことをいうらしい。本書は、その「疫病神」シリーズの最近作にして、「破門」の続編だ。
二宮は、建設現場を荒らすヤクザをヤクザを持って制す「サバキ」の手配をすることを生業にしている自称、建設コンサルタントだ。彼の亡くなった父親がヤクザの幹部だったことから、その筋に多少縁があるというので、サバキで生計を立てている。が、暴対法の強化でビジネスは先細り。40歳になろうとしているのに、未だに母親からお年玉をもらっている。お年玉のみならず、母親への借金は100万やそこらではきかない。
その二宮が「疫病神」と呼んでいるのが、ヤクザの桑原だ。桑原と二宮は、コンビを組んでサバキをこなし修羅場をくぐってきた。イケイケの彼のせいで、肋骨を折ったことも一度や二度ではない。二宮からしてみれば、桑原の足元には地獄の釜が蓋を開けて待っている。
その割には、何かといっては桑原を頼り、ご馳走してもらっているのだが。
そんな桑原は、二宮の父親がいた組の幹部だったが、ある事件がもとで破門され、代紋を失ってしまう(「破門」)
組の後ろ盾のない桑原と、二宮が議員の利権をめぐって立ち回りを演じるのが、本書「喧嘩」なのだ。
文字通り、素手で喧嘩をすることとに掛けている。

このシリーズの何がいいって、ヘタレの二宮とイケイケ極道の桑原の掛け合い漫才的な会話がいい。関東の人間からみれば、大阪弁はそれだけで面白い。女の子がしゃべるとかわいいし、ヤクザがしゃべると凄みが増す。
だが、黒川作品のもう一つの良さは、エンタメ一辺倒ではないということ。毎回、サバキのネタとして裏社会のカラクリを垣間見せてもくれる。
このシリーズを読むたびに、自分は世の中の仕組みを何ひとつ知らなかったんだなぁ・・・と思う。
だいたい、議員報酬だけであんな家が建つわけもないのだが。

シリーズものは、マンネリに陥りがちだし区切りのいいところで終わるべきだと思うが、このシリーズだけは、まだ続いていって欲しい。

   

  

 

関連記事

category: ミステリ/エンタメ(国内)

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 疫病神  映画 
2017/02/23 Thu. 11:44 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

「アラスカ戦線」読書会! 

久しぶりに読書会に参加してきた。思えば去年の10月以来・・・
ご無沙汰で〜す!

課題本は、マイスナーの「アラスカ戦線」で、参加人数は12名。
顔ぶれもちょっとフレッシュで楽しかった。
なかには数年ぶりの方も。。。

まずは、皆でカンパ〜イ!!!
OI001304.jpg 
ちょっと写真が赤いんですが、どうも設定を間違えて撮ったらしい・・・

ということで、読書会スタート!
※ 以下、ネタバレあります。









平均点は、6.96点!(10点満点中)
最高点は10点で、最低点は5点。


男性陣受けする小説なのなぁと思いきや、最低点をつけたのはお二人とも男性・・・
それぞれのマイナス要因は、
*人間対人間のしびれるマンハントを期待したのに、それがなかった。
*爆撃機や戦艦の名前がありえない(ミリタリー愛好家としては許せないレベル)

それぞれ、譲れないポイントがあるようで・・・
特にミリタリー好きの方には、突っ込みどころ満載だったようだ。


そして、評価が最も割れたのが、物語におけるアナトラちゃんの存在!
これは、男女でバキっと割れた。
男性陣に大人気だったアナトラ(健気で美乳だもんなぁ…)だけど、女性陣からはちょっと微妙。
アナトラが入ることで、物語が引っ掻き回され悪影響を受けたという声もあった。

非難が集中したのは、「日高がアナトラを妊娠させた」こと。日高は、使命、使命いう割にはやることはやってる(笑)ほんと、いつの間に妊娠させのよ?アラトナは若いし、今の時代なら淫行間違いなしだわよ・・・
だが、極限状態におかれればおかれるほど、本能的に生物は子孫を残そうとするものらしい。和歌山のイルカの追い込み漁では、追い込まれたイルカたちがいっせいに生殖行為をするのだそうだ。そういえば、人口爆発が起きているのも、オマーンや南スーダンなど危険地帯だ。
というわけなので、どうか日高大尉を許してあげてください。

この本の極限など「女王陛下のユリシーズ号に比べればゆるいわ!という意見もあったが、日高の本能のスイッチが入る程度には極限だったということで。。。。
横浜読書会は下ネタが不得意で、しかも女性比率が高いので、割と気まずい感じ(笑)

というか、わたしは日高大尉は結構な家柄なのに三十路で独身という設定だったため、あっち?疑惑を抱いており逆に安心したかも(笑)それはそれでアリだし別にいいんだけども。。。
ついこのあいだ引退した某俳優さんも、お薬系が潔白なのならば、別に何も気にする必要はないのに。開き直っちゃえばいいのに。

その他のアラトナ関係への不満は、彼女の父親と兄が日本兵をいともたやすく殺してしまったことも挙げられた。


もうひとつ見解が割れた点は、スタートがトロいこと。
最近の小説は、映画やドラマの影響を受けてか、まず最初にドカーンと打ち上げて読者の目を奪っておいて始まるケースが多い。スピード感もあるのが当然。だが、本書は古い本ゆえに、ゆるゆるっと始まる。私は、それがかえって新鮮でよかったりもしたのだが、これは好みの問題だろうか。


ところで、今回の読書会にはかつて新入社員として「アラスカ戦線」の編集に携わったという方も!
長い人気を誇り、最近新訳版もでたばかりだが、当時の装丁がこれ。
KIMG0185.jpg 
なんでも、本当はもっとカッコよく、手製の斧で熊に立ち向かう日本兵をフラゼッタ風にしたかったそう。
うん、ちょっと「南極物語」風ではあるかも(笑)
フラゼッタ風ってなに?という方はこちらをどうぞ。


話はそれたが、その他の感想としては、、、
*著者の日本人への造詣が深い
*「声に出して読みたい」ほど文章力が素晴らしい
*陰湿さがなく、さわやか
*日高、アランのそれぞれが人間として成長していくところがよかった
*日本、アメリカどちらも平等に描いているところがいい

*日本人の名前が変
*軍記ものとしては弱い
*アラスカの極限状態で、ろくな装備もなく生きていけるはずがない(リアリティがない)
*ラストが綺麗事すぎる(どちらか死ねや)
*本当なら日高はカリフォルニアの収容所に送られるはず
*地理がわからないので、地図を載せてほしかった

刀自本などの日本人の変わった苗字については、もとはもっと妙ちきりんなものだったのを、翻訳家の松沢氏が適当な名に変えたとのことだった。
また、アランが日高をエスキモーだと思うあたり面白かったとも。ま、日高のいうように、私たちも日本人もモンゴロイド。皆、「平たい顔族」だということか。

映像化については、実は石原裕次郎が映画化権を持っていたのだそうだ。
石原プロっぽいといえばそうだけど、アラスカ・ロケができるほどの資金が集まらなかったのだろうか。
日高もアランも作中では30歳を少し超えるくらい。その年齢の俳優さんで日高ができそうな人っているのかな?
個人的には無理に映像化などしないで、そっとしておいたほうがよい気がするなぁ。。。

というわけで、おしまい。


  
関連記事

category: 読書会

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

2017/02/21 Tue. 16:13 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

伊勢に行ってきた!〜その3 伊勢神宮内宮と神馬のお尻 

さて、お腹もいっぱいになったし、伊勢神宮内宮へ、いざ!
内宮は、皇室の祖神である天照大御神が祀られている日本で一番格式の高い神社なんだとか。

しかも、開運上昇のパワースポット!!!
OI001276.jpg 

OI001299.jpg 

五十鈴川にかかる宇治橋を渡って、まずは正宮へ。
正宮は外宮同様、撮影はNG


6iuh5mH5fSiMQqk1487383308_1487383331.png 

この日は珍しく人出が少なかったので、全く並ぶこともなく、正宮、荒祭宮、子安神社、風日祈宮の全て参拝することができた。

ここにくるまでは、「とにかく金運、何がなんでも金運、10億当たりますように!」
「それと、身体もガタがきているので、それも治してください!」とお願いしようと思っていたけど、、、、
鳥居をくぐったら、ふと、今もそれなりに幸せだし、感謝の気持ちを表すことで十分なのでは・・・という気持ちになった。

もしかして、浄化された???(笑)

出雲大社でも思ったけど、俗物の塊のような自分が清められた気分に。
こういうところがパワースポットたる所以なのかな?

OI001298.jpg 


ご神木
OI001281.jpg 

皆が触るのでテカテカ
OI001282.jpg 

勾玉池には錦鯉
OI001288.jpg 


そして、御厩に白馬ちゃん発見!
OI001278.jpg 


びっくりさせないよう、遠くからズームして、、、
美尻のドアップ!
OI001279.jpg 
おしっぽ、ふっさ〜〜〜


こっちを向いてくれないかな〜と思っていたら、
向いてくれましたよ。ハロー!
OI001284.jpg 

横顔もかわいい!
OI001285.jpg 


そして、なんとなんと厩から出てきてくれたではないですか!
さすが、神様のお馬さま。神々しい・・・
OI001287.jpg 

ということで、これにて終了。
浄化?もされたし、馬もみたし、海老もうどんもコロッケも食べた。
大満喫の伊勢の旅でした。

ただ、スケジュールはハードすぎた!!!
もうくったくた。
次は志摩の高級宿にでも何泊かして、もっとのんびりしたいです。。。。

関連記事

category: 雑談その他

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

tag: 神社  パワースポット  旅行 
2017/02/20 Mon. 00:00 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

伊勢に行ってきた!〜その2 猿田彦神社とおかげ横丁 

伊勢に戻ってきて、次は猿田彦神社へ。

OI001296.jpg 
猿田彦大神は、「みちひらき」の神様。
これから何かをはじめようとしている人や、人生の岐路に立っている人に道を切り開いていく力を与えてくれるという。


神社内には、猿田彦大神の奥さんの天宇受売命(あめのうずめのみこと)を祀る佐瑠女神社もある。
天宇受売命は、「芸能」の神様。
古事記では、天照大御神が、弟の須佐之王(すさのうのみこと)の乱暴な振る舞いに悲しみ、天岩戸に引きこもった際、その岩戸の前で踊り(ストリップ!)を踊り、岩戸を開けさせたのが、天宇受売命だという。芸能の神様だけあって、芸能人もよくお参りしているのだとか。
OI001268.jpg 


猿田彦神社の境内中央には、方位石があり、、、
OI001267.jpg 
「金運」、「仕事運」、「家庭運」、「人気運」など、それぞれ決められた方位の文字に手のひらを当てて祈願すると願いがかなうと言われている。

猿田彦神社のフェイスブックに、それぞれの願いの石の触り方が紹介されている。
一応、わたしも全部やっておいたわ(笑)



猿田彦神社から伊勢神宮(内宮)は歩いても15分くらいなので、ブラブラ。
その途中には有名な「おかげ横丁」がある。
OI001273.jpg 


赤福本店!
OI001272.jpg 
いつも混んでいて長蛇の列ができるそうだけど、この日はそれほどでもなかったかも。
というか、余裕で買えそうなかんじもした(笑)
わたしはツアー参加だったので、添乗員さんが皆の分とまとめて購入しておいてくれた。
4月には白い赤福も限定販売されるんだとか!


銀行も景観を損なわない作りでおしゃれ。
OI001271.jpg 

OI001292.jpg 


名物の松坂牛コロッケも食べた。
OI001274.jpg 


そして、、、謎のスヌーピーコラボ!
OI001275.jpg 
なぜにスヌーピー????
と思っていたら、江戸時代、お伊勢参りがしたくともできない人にかわって、犬にお金をもたせて代わりに行ってもらうことがあったのだそう。
昔のお伊勢参りは、とにかくお金も時間もかかった。江戸からだと軽く70万〜80万くらいはかかったというから、庶民にはそう気軽にというわけにはいかなかったのだろうなぁ。。。
犬の首輪にお賽銭や餌代の袋を結びつけ、それに「お伊勢参り」と書いておけば、旅人が犬を連れて行ってくれたのだという。
それでキティさんではなく、スヌーピーさんが働いているわけですな。


一応、猫もいましたけど、、、、お昼休憩中????
OI001293.jpg 


猫はお腹いっぱいらしいけど、わたしはお昼、まだなんです・・・
ここの名物は、「伊勢うどん」と「手こね寿司」らしい。

「伊勢うどん」は柔らか〜〜い極太のフワフワなうどん。月見や天婦羅などもある。
うどんそのものは温かいけど、おつゆが張ってあるのではなく、たまり醤油のような色のタレがかかっている。混ぜると真っ黒になるのでビビるけど、味は濃くはない。
OI001291.jpg 

手こね寿司は、酢飯にカツオのヅケが乗っかった丼。
OI001290.jpg 

どちらも捨てがたかったので、その二つが食べられるセットにした(笑)
さ、これでお腹も満たしたし、内宮を参拝しますよ。

つづく。。。
関連記事

category: 雑談その他

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

tag: 神社  パワースポット  旅行 
2017/02/19 Sun. 17:07 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top